follow us in feedly  

【12冊目】新人OL、つぶれかけの会社をまかされる

新人OL、つぶれかけの会社をまかされる

こんにちは!

あなたがもし、「1週間の休み」をもらえたらどこへ出かけますか?

わたしが今一番行きたい所は、台湾の九份です。

千と千尋の神隠しの舞台のモデルとなった場所で、夕方から夜の景観が美しい。

写真しか見たことないのですが、ノスタルジックな雰囲気に魅せられました。

綺麗だと思いませんか?⬇︎

行きたい場所や欲しいものを目標にすると頑張れるタイプなので、2017年は台湾へ行き、九份で写真を撮ってインスタにUPし、台北小籠包を食べて「美味しい」と、笑う姿を想像しながら頑張ります。

さて、「新人OL、つぶれかけの会社をまかされる」というタイトルのマーケティング本を読み終えました。

アフィリエイトにも通じるところが多いにありましたので、類似点を私なりに言葉にしていこうと思います。

新人OL、つぶれかけの会社をまかされる

マーケティング」と聞くと、「難しそう」と構えてしまいますが、専門用語をなるべく使わないように説明してくれたので、最初の一冊として非常に読みやすい本でした。

あまりにも専門用語や難しい言葉が並んでいると、すぐに投げ出すのですが、この本は「読むのやめよう」と思ったことは一度もありません。

おかげでマーケティングに興味を持つことができましたし、「もう少しマーケティングの本を読んでみようかな」というポジティブな感情を今は持っています。

1番印象的な言葉

魂は細部に宿るからな。さらに言えば、お客様は見えるもの『だけ』から判断する。
だから、お客様に見えるものには、徹底的にこだわれ。
メニューだってそうだ。
(新人OL、つぶれかけの会社をまかされる)より

これを読んだとき、「ブログ」でも同じことが言えるのでは?と感じました。

「ブログを読んでくれる読者は、サイトのデザインや文章の文字『だけ』からブログの書き手を想像しているのではないか」と。

サイトデザインに徹底していたか?」と言われると、とてもじゃないけどYESと答えることができない。

「最低限の見栄えならいいや」と、正直思っていました。

文字(文章)に関しては徹底していたか?」と言われると、YESと胸を張って答える自信がありません。

魂は細部に宿る

読み終えてこの言葉が頭から離れないのは、私自身が徹底して細部にこだわってこなかったからです。

「台湾行きてー」「九份で写真撮りてー」「台北で小籠包食べてー」とか、言ってる場合ではありません。

2番目に印象的な言葉

違う。1番勝ちたいヤツだ。
最後に勝つのは、勝ちたい、っていう執念、一番強い想いを持っているヤツだ。

もちろん才能も必要だけど、一番勝ちたいヤツは自分の弱点を克服する方法を死ぬ気で考える。
一番勝ちたいヤツは人の何倍も練習する。
人間の実力なんてそんなに変わらない。
最後に勝負を決めるのは、気迫、執念、想いの強さなんだ。

(新人OL、つぶれかけの会社をまかされる)より

アフィリエイトを始めたからには、トップを獲りたい。

しかし現実は口だけで、サイトデザインも文章も「

スゴイ!」と思えるサイトデザインの管理人や、「思わずそのサイトから購入したくなる」文章を書く人は、裏で努力しているはず。

口だけの私とは行動力が全然違う。

負けたくない負けたくない負けたくない

勝ちたい勝ちたい勝ちたい勝ちたい勝ちたい

勝つ勝つ勝つ勝つ勝つ

マーケティング本を読んで自己啓発されるとは思ってもいませんでしたが、結果的には自己啓発に繋がってますね。

え?

台湾行って九份で写真撮って小籠包食べる?

そんな場合じゃないだろ💢

まとめ

台湾行って九份で写真撮ってインスタあげて台北で小籠包食べて「美味しい」って言うためにアフィリエイトがんばるゾ

(台湾は諦めきれない)

最後に

ガトーショコラはイタリアンではなくフレンチ

クリームブリュレもミルフィーユもフレンチ

イタリアンじゃないんだ!」

こんな豆知識もしれっと学べます。

以上、「新人OL、つぶれかけの会社をまかされる」を読んだ感想でした。

またお会いしましょう!

シェアする

フォローする

follow us in feedly  
error: Content is protected !!