follow us in feedly  

【5冊目】世界一やさしいアフィリエイトの教科書1年生(染谷昌利・イケダハヤト)

世界一やさしいアフィリエイトの教科書1年生(染谷昌利・イケダハヤト)

アフィリエイトど素人向けの1冊

アフィリエイト収入が月に10万円を超える人は読む必要ありません

アフィリエイトの始め方仕組みASPGoogle Adsense分からない人におすすめの本

世界一やさしいアフィリエイトの教科書1年生

読んだキッカケ

アフィリエイトブログ成功している人の本で、なおかつ初心者向けだったから。

イケダハヤトさんは、私がアフィリエイトを始める前からTwitterでよく目にしていました。「まだ東京で消耗しているの?」という有名なフレーズの生みの親。

染谷昌利さんは、私がアフィリエイトを始めて1ヶ月が過ぎ、Google Adsenseの本を探している時に知りました。

Google Adsenseの利用には審査が必要ですが、1度審査を通過するとブロガーやアフィリエイターにとって頼もしい収入源になります。しかし年々審査が厳しくなっているようですね。

私のブログ収入の8割がGoogle Adsenseで、今でもこの本を参考にGoogle Adsenseを配置しています。(2017年1月5日現在)

Amazonレビューが低い

アフィリエイトやブログ界隈で知らない人はいない有名な二人の共著にもかかわらずAmazonレビューが低いのが疑問でした。

読み進めているうちに疑問は解決!

アフィリエイトに精通していて、ある程度(月収10万円前後)稼げている人も読んでるんですよね。そういう人からしたら物足りないのも頷ける。

繰り返しますが、アフィリエイト収入で1ヶ月に10万円以上稼いでいる人向けではありません。タイトルに「1年生」ってあるくらいなので。

ブログやアフィリエイトの始め方がわからない。ブログやアフィリエイトで収入を得る仕組みがわからない。という、本当の初心者向けの本です

刺さった

この過去記事を読んでくれれば分かるように、アフィリエイト3ヶ月目の収入は1,916円でした🔽

アフィリエイトを始めて3ヶ月目の収入公開 【初】4桁収入&成果型報酬GET?! アフィリエイトを始めて1...

ブログ、アフィリエイトサイト計4つ運営していてこの収入です。

このレベルの底辺アフィリエイター(私)がしていること

成果を上げていないアフィリエイターは商品の価値を横流ししているだけなのです。ただ商品を紹介し、自分のブログに集まってくる人たちに拡散する。(世界一やさしいアフィリエイトの教科書1年生)より

逆に成果を出している人がしていることは?

成果をあげているアフィリエイターは商品の価値に自分の見解や情報を付加し、商品の魅力を向上させています。(世界一やさしいアフィリエイトの教科書1年生)より

これから真っ先に心がけることは、読者に価値を与えて喜んでもらうこと。こうすることで成功に繋がると信じて手を動かすしかない。

成功(目標)

今さっき「成功に繋がると信じて」と書きましたが、少し具体的にしたいと思います。

前項で月額1000円以下のアフィリエイト報酬の人が約8割という内容を紹介しました。多くの人は月額5000円という壁を突破できずに、アフィリエイトを断念していきます。逆に月額5000円を超えている人はアフィリエイトの楽しさや有益性に気づき、長期間アフィリエイトを継続しています。(世界一やさしいアフィリエイトの教科書1年生)より

2017年1月にアフィリエイト収入5,000円

これ!5,000円超えを目標にがんばる!

PS

2020年アフィリエイト市場3500億円にまで達するとの予想が発表されました。

アフィリエイト市場はスマートフォンの普及とそれに伴うモバイル広告の台頭により今急速に伸びている市場です。

今からでも全然遅くない

シェアする

フォローする

follow us in feedly  
error: Content is protected !!